スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーカー集団の社会

010.01.31
幻聴による創出されるとその社会観

21.盗聴・盗撮によって秘匿情報を奪取された被害者は、ストーカー集団の社会性のある枠組みの中に閉じ込められることになり、逃げ場を失い、結果的に言うことを聞かされ、犯罪に加担させられることになる。

22.社会性のある枠組みとは、ある加害者に捕らえられた被害者(私)が自宅と実家に軟禁され、言いなりに行き来させられるものである。これら以外の場所に置いては、不特定の見えない人物の声で、独自の論理に基づいた社会生活(幻聴により創作されたストーカー集団の社会)を強制されるものであった。最終的には、自宅不動産等の奪取を目的としているものと思われる。

23.特定の加害者の援助が得られなければこの擬似空間での生活が困難になるもので、加害者自身も被害者として取り込まれたケースもあるというシチュエーションである。

24.ひとつひとつの言葉の意味、用法も特定に定義されており、その使用を執拗に求められる。この社会には特定の宗教的な要素や行動基準が定められいる。

25.また、階層・階級が定められているようである。また、加害者が対象被害者の獲得に失敗すると彼らにもペナルティーや昇進があると想像される。

26.この世界での最大のペナルティは行き場も落ち着き先も失うことで、協力者も失うことであり、自らを失してしてしまうことである。原則として自由意志をもつ事を得られない。

27.当初、自身の意思で行動できるが、次第に、この擬似世界の思考形態に妨害され、行動が制限されるようになる。

28.新規の被害者化のプロセスには、脳内思考盗聴器が出てくるが、しゅうばんである。実際に存在するかの印象を与える。どのような仕組みか想像がつかない。

電子無能についての妄想
思考が取得できる?
最初は無能だった。被害者の知識人の知識をD.B.に吸収することによって個人には及びもつかない大きさになった。→勝ち目なし→対象は誰でも良い。知識が増えれば。→誰にでも対応できるようになる→このシステムのメンテナンス要員しか生き残れなくなる。→奉仕者。犠牲者が知識ベースのもと。
電子無能を複数組みあせる。被害者のタイプに合わせた電子無能に対応させる。知識ベースは共通が良い。

生理状態も分かる?生体の個別管理が可能?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

zaix99

Author:zaix99
集団ストーカー 電磁波犯罪 超音波犯罪 被害者のブロク
2009年11月から被害が始まり、2010年2月頃一旦収まったが、2010年11月頃から再び、声、その他、テクノロジー犯罪被害が激しくなった。
金銭・不動産の詐取、生命に危害(自殺の強要、家族への加害を含む)を加えるメッセージが中心。
耳に聞こえる声は5~6人が多く、特定の人物である。常に、話しかけられ、個人情報を収集し、強請り・たかり・詐欺に利用することを仄めかす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。