スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MRI

2010.02.24
1.AM1:00頃、竜巻に遭ったような感じで目覚める。力を見せたかった?
2.AM7:00起床。デボン、「書くな、お前なんか、簡単に潰せる」とのこと。
3.ベランダで騒音。比較的小。実際に隣の人が作業か、犯人の仕業か判別不能。自然な音?騒音(重いものを動かすときのガタ音)に「ドボン」「いい加減にしろ」などの音が入っている。階上で人の走る音など。ボー音小あり。
4.頭が重い。身体、若干痛みあるも、OK。
5.職安、i-caf?に外出(8:45~12:00)。職安で髪をモソモソされる。
6.帰宅後、図書館の女、イクの人の声あり。デボン、「記録やめろとのこと」。
7.パソコン使用中、右足(太もも)裏、ピリ感あり。再三、「ヤメレ」のデボンメッセージ。直接耳へ、また物音に混ぜて。
8.足(踵)傷への攻撃。体表面を何か小さい塊が流れる感じ。
9.今月電話料金3800円。問題なし。

10.8:40~12:00外出。外出中、髪をもそもそされる。工事音に「バカ」メッセージの挿入あり。
11.戻ると、脳内盗聴器と「イク」の人登場。デボン、記録を残すのを「やめろ」とのこと。
12.ドタバタ音。走り回る(子供が)音。4Fに聞こえる。帰宅ご30分くらい続くがやがて収まる。
13.パソコン使用中、右足太もも裏側、ピリ感あり。再三「やめれ」のメッセージ(ヤメレは北海道弁?)。直接耳へ、また物音を置き換えて。
足、傷口(以前の攻撃で水ぶくれになった箇所)。犯人はこれが好きと、某hpに書いてあった。
14.体表面を何かの塊が流れる感じ。
15.頭が重い。軽い頭痛あり。体、若干痛みあるもOK.

2010.02.025
1.7:30起床。頭痛あり。頭重感あり。デボン、「携帯ばかりに気をとられるな、家をとられるぞ、とのこと。
2.9:00.精神・神経科の病院へ。MRI異常なし、とのこと。事件の他、精神・神経上のこともあり、投薬の種類・量決定のため、入院を勧められる。思う壺との観もあるが、医者の意見に従うこととした。24時間監視状態にあった場合、どうなるかとの興味もある。
3.主水、デボンの声あり。台所、石油ストーブで音。ドタバタ音。スコップ(雪かき?)「コラ」音が乗っている。
4.頭庁部、差込感。ピー音。トイレ排水音。股間攻撃。

2010.2.26
1.4:45起床。トイレ排水音3回。
2.デボン:「3月中、一騒ぎ起こす」とのこと。ソファ側、壁面の壁、反響大。階下3.に伝わっているとのこと。主水「クル」とのこと。
4.右足、指先への刺激。
5.ボー音。石油ストーブを叩く。台所「バチ音」:6回。石油ストーブ「コン」音8回。テレビ「バチ音」。シー音。4Fドタバタ音(歩行音)、ゴツゴツ音。蛇口の壊れた6.水流音。台所バツ音、直撃。台所、排水口音大。ベランダの物音、ドボンが乗っている。
7.カラス「アホ」。鳥「逃げろー」。
8.車中攻撃多数(9:40~13:00)
9.パソコンで録音ファイルのバックアップを作成していたところ背中が痛くなる。
10.ソファ遥振?ソファに座っていると直撃2回。耳:シー音、ピー音。ソファ上のリモコン直撃。
11.和室バチ音6回(直撃あり)。背後にミシ音、初体験。和室「バチ音」+3回。
12.病院の処方:ジプレキサ錠、フルニトラゼパム錠。

2010.02.27
耳:痛み、デボン登場。台所バチ音、ほか(省略)。

2010.02.28
電子レンジに攻撃。 
音は大きめだが人声が少ない。比較的静か。体への攻撃は各種。

2010.03.01
1.シー音、ピー音AM5:00 ~
2.チクチク攻撃
3.精神・神経科病院入院。言いようのない圧迫感を病室に感じる。物音が「ボン」と聞こえる。洗濯機、ドボン、ドボン。机の音が「寝ろ」と聞こえる。ノートが「バカ」という。
4.デボンが「ドボン」という。主水の声。
5.ディスパダール液を与えられる。
6.目が蚊飛症状態。
7.バチ音。直撃あり。プラスチック製の送風口の枠から?
8.17:25、シー音ピー音あり。
9.咳払いをすると「ドン」のリアクションあり。
10.Gは外専門?実家・自宅では出てこなかった(図書館にいた)。

2010.03.02
1.足指への攻撃。主水の声。
2.腹の虫が「ガンバッテ」という。
3.閉鎖病棟にかかわらず、それなりの攻撃がある(内外を問わず攻撃ができる?内部に協力者がいる?)。

4.MRI中も音声が響き渡る攻撃があった。MRIの映像自体には影響がなかった模様。MRI中、の騒音(人間の声)が検査技師の耳に入らないのも不思議。MRI室ななので、電磁波の影響はないだろうから超音波?
5.昨夜は、様々な攻撃を受けたが9:30の時点では比較的静か。
6.pm4:30ピー音、シー音。先生が同席中だが、聞こえないとのこと。
7.洗面所の脱水機の音がここまで聞こえるが、ありうる?
8.耳の検査が必要か?内耳以降は神経科の分野とのことで、とりあえずペンディング。

32010.03.03
1.夜間ふくめ、比較的静か。
2.危ない感じの人、約1名発見。デボン登場。主水登場。
3.頭、どんよりした感じ。熟眠感なし。
4.図書館へ外出。つきまといあり。シー音、ピー音。
5.人の多く集まるところ、声・音を別のフレーズで置き換える攻撃が多い。
6.薬:ユーロジン、ジプレキサなんとか、リスミー?

2010.03.04
1.夜は、比較的良く眠れた。音・声とも殆どなかった。
2.同室者、入院。
3.ピー音、シー音あり。常時あり?私しか聞こえない?先生同席するも聞こえないとのこと。
4.声の聞こえ方①直接話しかけられる。②耳奥で密かに話かけられる。③物音に重ねて(乗せて)話す。④テレビの人声を変えて話しかける。⑤テレビ等の音声に紛れさて話しかける。⑥遠くの人声に乗せて話しかける(仄めかし)。・誰か、判別できないくらいの音声,で話かける。

2010.03.05
1.静か。右太もも、痛点への攻撃あり。痺れ感をともなう攻撃がしばらくない?ピー音、シー音あり。
2.たまに、大きな音あるが、周りの人は気づかない?聞こえない?物音に罵声を重ねる攻撃が中心。

2010.03.06
1.右耳にいたみ。静か。朝ピー音、シー音。
2.寝不足?頭痛あり。ボーとした感じ。体が決まらない感じ(ピリっとしない)。

2010.03.07
1.ネットワーク会合
・テクノロジー犯罪被害者ネットワーク会合
・発足12年前。札幌では6年ぶりの会合。会員は函館、旭川、小樽、北見、札幌(8名)、室蘭、島牧村など。
・講談社出版から被害関連の本が出版されるとのこと。
・「シュー」の攻撃を受けた人の報告あり。
・動産、不動産の被害→保険をかけられて自殺に追い込まれるとのこと。
・犯人と脳内で会話が成立するようになったら、もうおしまい、とのこと。
・同会合の出席者の話によると、頭内で犯人と会話が成立するのは、かなり末期的であり、この場合、保険をかけられて自殺に追い込まれるとのことである。
・他人が保険をかける(本人に気づかれないように)のは違法のようだが、現実にありえるとのこと。
・又、自身にそのような保険がかけられているかどうかを調べるには、弁護士に依頼する必要があるとのこと(個人(本人)が自身で調べても教えてくれないとのこと)。
・会合では、創価学会、中国共産党、南北朝鮮などや国際的な陰謀組織の話が話題となった。
・現在、私の置かれている状況は末期的であり、生命保険をかけられて、殺害されるとの意見があった。
・以前、勤務先のそばにあった、測量会社の向かいの駐車場の車は、殆どが8888ナンバーであった。犯人はこのような細工が好みである。このような、異変に気づかない、被害者には直接、脳内にメッセージを送るようになり、双方向の会話が成立するような状況になるとのことで、これはかなり末期的な状況だそうである。」
・この、会合の途中から、隣の会議室で、法輪功の集いが開かれていた(気づいたら)。
・法輪工は、気功に仏教が加わった、もので、中国では非合法とされるなど話題が多い。当会との日時があったのは、偶然?

2.経緯
・2008年の夏頃、ベランダ騒動(ゴミの分別騒音、排水口の水撒き騒動)で隣人とトラブル。4Fでの内装工事(深夜)、日中の子供が走りまわる音とつづく。
・2009年マンションの理事になる。輪番だが15年目にして、初めて指名された。これも不自然。
・夏にベランダ騒音(ドアの開け閉め音。隣家の他4F?の住人も加わる)。
・隣家の騒音がますますひどくなる(子供が騒ぐ音)。隣家に、他階(棟)の住民もクレームを持ち込むようになる(これはフェイクであった)。この住人を探したが見つからず、また、他家に被害状況を伝えたが、そのような事実もないので、不審がられた。現在も同じ状況。
・そのうち、隣家に加担する興信所・探偵社?が現れ、当方がうるさい、とのことで攻撃を受けるようになる。
・攻撃の内容は同ネットワークのパンフレットと全く同じ内容。しだいにエスカレート。
・騒音問題から、しだいに個人情報をネタにした強請行為に変化。
・マンションを奪うとともに、偽造運転免許証をもとに各種、金銭的な詐欺を行い、当方の犯行にする旨の脅迫がなされる。
・私が犯行の対象となったのは、まったくの偶然とのことであったが、登場人物は過去に関係した様々な人物の声色で出てくる。また、その間の個人情報にも詳しい。
・マンション購入時の内装業者、かつての会社の同僚・部下、水商売関係の女性、隣家の一家はもちろん、マンションの管理人の親類のおじいさん、と名乗る人物など、多士済々である。
・このうち、特に気になるのは、デボンと名乗るマンションの管理人のおじいさんである。
・アイタイ組の組長(暴力団?)で稲川会系で、私のマンションを事務所にすることに非常にこだわっている。なんでもマンションの登記に問題があり、容易に入手できるとのことであった。
・その後、現実の世界と並行して、この犯罪者たちの作った、社会のなかに、組み込まれるような、現実感のある仮想世界に閉じ込められる。

3.受診
・ここから、離脱できたのは、精神・神経科にて、MRI検査を受けたことによる。脳に危害を加えるような攻撃を度々、うけたので、同病院を受診した。
・その後、それまでの仮想社会から離脱でき、犯人からのメッセージも激減した。
MRIでの検査結果では全く異常が(外見上)ない、とのことだった。
・病院の先生には、同犯罪やこれまでの経緯を話してあるが、基本的には、妄想障害・統合失調症・神経衰弱との認識で、その治療を受けることとなった。
・治癒を早めるため、入院を勧められ、現在、入院中である。
・当方としては、自宅・実家以外でどのような攻撃にあうのか(あわないのか)が今後も含め、気になるところであるので、入院に応じた。
・入院先の病院は自宅から徒歩20分ばかりのところにある。閉鎖病棟で、外来、見舞い客を含め一般人は立ち入りができない環境である。
・当初、音・声、身体的な攻撃が散発的にあったが、自宅・実家に居るときほどでなく、2人部屋に一人で入院していたが、同室者が入院するようになってから、被害が激減している。
・MRI→入院→同室者の順で静かになっていった。
・また、同ネットワークの会合に出席しないよう再三、脅迫をうけたが、同会合に出席した後は、さらに静かになっている。
録音や被害部分の写真などはなかなか証拠にならないようである(犯人の特定、特殊な攻撃の痕跡の証明など)。

4.この日は、奥歯(右)が、終日うずいていた(翌日は全く問題なし)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

zaix99

Author:zaix99
集団ストーカー 電磁波犯罪 超音波犯罪 被害者のブロク
2009年11月から被害が始まり、2010年2月頃一旦収まったが、2010年11月頃から再び、声、その他、テクノロジー犯罪被害が激しくなった。
金銭・不動産の詐取、生命に危害(自殺の強要、家族への加害を含む)を加えるメッセージが中心。
耳に聞こえる声は5~6人が多く、特定の人物である。常に、話しかけられ、個人情報を収集し、強請り・たかり・詐欺に利用することを仄めかす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。