スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻撃

1.波・振動と整理学の応用。その操作。

2.何もない空間だが、針状のものが刺されるのを体に感じる。体の組織を刺激する。攻撃する。→殺せる?肉体的に?精神的に(脳に障害?)実際、痛みや体表を移動する感触があるが実害はなかった?

3.音波?で振動(風圧、圧力)を与える→なぶり殺しにできる?但し、周りの人は気づかない?磁力で磁界を与えた人(特定個人の識別)だけに影響する?

4.技法(テクノロジー)は、新しいが、犯罪の内容は、従来と同じ(詐欺、恐喝など)。

5.ネットワーク化され、多数の人が支援していると思われる組織が背後に存在する?国際化している?
実際、国際難民になっている学者もいる様子(但し、ここでは単なる犯罪クループか?NPOテクノロジー犯罪被害者ネットワークのチラシと同等の内容である。
実際は装っているだけ?

6.最初は、室内での盗聴機(コンクリートマイク?)と指向性スピーカー?(この部屋だけの空気を動かせるとのこと(犯))での会話に限られる。
街頭などでは尾行者がいて、耳に超指向性スピーカーが向けられている。また、常時、超音波で付近が満たされ、衣類などが擦れるときに発生する超音波(短波?)に影響されて人間の可聴音になる。

共振周波数の測定は直接人が侵入して測定する必要がある、との記述がインターネット上の関連サイトにあるが、私の思い当たる限りそのような事実は思い当たらない。犯人側も現在はその必要はない、とのこと)。
また、ある種の電波(電磁波)?で、磁力を与えた物体で音声を再生できるかどうかは、知らない。但し、ラジオの送信所などでは、送信所近くの強電界下では、同ラジオ放送が聞こえることがある。

7.その後、イニシエーション(通過儀礼)の儀式があり、長時間、無思考で静止状態であることを要求される。その間に、前出の針様のものが頭部を走査(複数の針が螺旋状またはジグザグ)する。この間に聴覚に何らかの操作(部分的な組織の破壊?磁界の付与?)を行い、被害者側には特別な装置なしで、通話が可能になる。
こちらからの音声送信方法(双方向通信)は不明。単に、ストーカーが超指向性マイクを向けているだけかも知れない。
なんらかの方法で超音波帯域を聞けるようになる?

8.流れ?

9.マインドコントロールとは、基本的に思考妨害であった。多数の人間が意思決定をもとめてくるため、自分の思考に集中できず、判断を誤る。特に、自動車運転中など、要注意である。急に、停車、スピードアップ、右左折を求めてくるため、操作を誤りやすい。
やがて、疲労により、自分の思考を放棄し、犯人の指示に思わず従うことがある。電波(不安波と彼らが呼ぶ(NPOテクノロジー犯罪被害者ネットワーク、テク犯ネット通信第4号P8参照)と併せ、個人情報の「仄めかし」、「死」を連想させるささやき、を通じて自殺に追い込もうとする。

10.針の攻撃1
この間、前出の針でロボトミー様の手術を前頭葉に受けるような体験がある(実際の効果は感じられなかった)。
どのような手法かは不明であるが、針や、ビーム(パルス)で何かを打ち込まれるような感覚があり、これが移動し、音声になることがある(音声化するのは偶然立ちあった人が聞いている)。

11.いっけん、システム・エンジニアリング、バイオニクス、インターネットIPv6の技術が駆使されているような印象を受けるが、実態は定かでない。

12.携帯電話がひとつのキーとなっている。

13.個人情報については、よく調べてあり、20年前からターゲットにしていたという発言があった。
電磁波で各種、電気機器の情報が読み取れるとのことで、個人のハードディスク(電源が入っていなくても)の内容も知っているようであるが、実際は、空き巣等によって得た情報であるかも知れない。

14.ちなみに盗撮も行っている様子で、パソコンの画面やこちらの部屋の様子に詳しい。
電磁波で半径100m範囲の情報がすべて得られるとのことであったが、実際は、わからない。古典的な手法であるかも知れないが、当方には事実に感じられた。

15.複数の被害者の情報を集中的に生涯にわたって管理するバックアップセンターがあるような印象を受ける。タクシー等のラジオでは、犯人側組織のラジオ放送が流れ、内容も高尚な印象を受けるが、内容は確認できない。このような、ことから、大きな組織を印象させるが、ただ、普通に車を追跡し、他の人に聞こえない帯域で、指向性スピーカー等で音を流しているだけかもしれない。
但し、尾行してくる車を感じることはなかった。
同乗者がいるときはこの放送は聞こえなかった。車の前席でも聞こえないと思える。

16.攻撃
針や、立体的な昆虫などが、体表、体内を動き回る印象を受ける攻撃を受ける。痛点を刺激される。眠れなくしたり、起きることができなくなるようなアナウンスがあるが実際はそのような体験はなかった。

17.各種の被害者に関し、死亡などの事実がある旨、告げられ脅迫される。
また、脳内に血栓などを作れるなどの発言があった。

18.MRI(CTスキャン)?と同様の機能で、体(体内)の精密な情報が取得できる?軍事用の電磁波兵器とのこと(犯人)。
頭頂を狙われる。チリチリ音がする。
脳内を焼ききられ、再生不能とのことである。翌朝では観測できない。若干脳内に違和感がある。

19.精密に血栓を作り移動できる?

20.空間で、テレビ、ラジオの音に割り込むことができる。放送中の音を変化させることができる。

21.市内のどこにいても監視され、環境の音に干渉する。登場人物は多数、多様で、被害者しか聞こえない様子である。
また、無人の空間で声がし、衆人環視の中で、大声を出しての応答を強要される。

22.5年前に、両足の炎症が関係する。このマンションを購入したとき、家具調度を手配して頂いたのがこの事件の犯人とのこと。真偽不明。

23.始まり
実験?一人住まいで手ごろだった?

24.足への攻撃
戦車に轢かれたような足。再三の攻撃による。包丁様のものでブツブツ切られる。翌日以降、特に変化なし。

25.マンション特別委員?同様の手口で物件の入手ありとのこと(犯人)。これも事実不明。

26.V字アンテナ。Y字ではなく、V字とのこと(犯人)。終わったら無くなる(移動する?次の犯行場所へ?単なるアマチュア無線のアンテナ?)。当方はアマチュア無線と思われる。し調べればすぐわかるであろう。
現在、記述中、強い照射あり(電磁波?デボン波(犯人説)。

電気製品は電磁波を発生するが、これが彼らの攻撃を強める?邪魔なように思えるが。映像等の読み取りには有効?

31.電磁波で心臓の筋肉を殺す?照射されたとき、心拍数が急減。2回目以降、急増。
その後、長時間照射された。心機能急低下とのこと(犯人)。自覚なし。

32.足、靴擦れ位置に水ぶくれあり。2箇所。痛みのみのようだが長時間照射しすぎた?外形は円状であり、500円玉程度。但し、予想外に深い傷であった。

33.音、電磁波?超音波?による攻撃つづく。

34.音情報が仕込まれ、脳の爆発とともに再生され狂うとのこと。実際はおこらなかった。

35.疑似マインドコントロール(アメとムチ)による条件付け。電磁波?による脳の意思決定部分の破壊?

36.体表を10円ダマ程度のビームで走査される。長時間、当てられると痛みが強い。電磁波?
水ぶくれになる?

37.光・影が室内、窓に走る。

38.下肢全体に痺れを感じる照射あり。

39.テクノロジー犯罪であるが、最後は従来型の犯罪。
金品、不動産を請求。不良債権を売りつける?地元のグループか、新手のテクノロジー利用のグループか不明。

40.女性の登場者が多く感じる。

41.何か(電磁波?)の直撃を受けるようになる。テレビは映像が一瞬乱れる。顔を直撃されると視界が乱れる。

42.部屋退出を強要される。不動産狙いと思われるため、拒否。母、妹の命について脅迫される。

43.携帯電話に不審な着信多数。

44.母と電話。実家に不審な点なし、とのこと。電話負う応答時、オペレータ風の不審な声の応答あり。

2010.2.6

46.電磁波?を受ける。そのまま放置。空気の振動だが、特に風が起きることもないが、皮膚がぴりぴりする。

47.今後も纏わりつく旨の通知を受ける。

48.盗撮のポイント?コンロの前、レンジフードのそばに呼び出される。体の中を痺れるような感じがし、痛みが残る。但し、翌朝には回復。

49.全体に強い磁界に包まれている(家、人、車、etc.)?

50.電磁波?の強度を上げている?殺すと脅迫。実際に殺されるようなダメージは今のところなし。翌朝には回復。若干の頭痛と違和感が残ることがある程度。

51.現在、母が同席しているが、心臓に影響がある、早く帰せととのこと。
電磁波(電気)?の一部を不安波(前出)と呼んでいる様子。心理的な不安感を増徴する帯域の波がある?

52.最初は偶然だったと言う説明だったが、経緯について、いくつかの、偶然でない理由が語られた。
ひとつは、HPの存在により、これを首謀するグループの仕事がしにくくなったことがあった。このため、その制裁も徹底を極めるとのこと。

53.電磁波については、電気に分類される帯域のもの、とのことであった。事実は不明。いくつかの帯域のものを様々に組み合わせている?

54.電磁波といって感覚のある衝撃を継続して受けるばあいがある。同席した人が感じる様子は無いが被害者には体に圧力を感じる。風圧とのことだったが、部屋のカーテン等もゆれる様子もなく、空気が動く感触もない。

56.母が私に接近しようとすると母の危険を通告される。強い電磁波(超音波・衝撃波の攻撃?)実際は54.であった?

57.犯罪グループの大きさについては不明。10人程度のチームが私に対応しているか。流される音声に登場する人物だけでも5、6人以上であるし、車内や、街頭、ラジオ放送などあって、いっそう他人数になり想像がつかない。

58.ドアのカギが自動的に施錠されるのを観測。電磁的にドアを操作し鍵をかけ、締め出せる?

59.ピロピロ音継続あり意味不明。

60.電磁波の測定は、セルセンサーでは検出不可とのこと。トリフィールドメーターならば可能性あり、とのこと。
電磁波の検出については、テク犯ネット通信第4号に詳しい。

61.実家のトイレがおかしいとのこと。実際、水漏れあり。ねじのサイズがあっていない(内装業者としての発言?)

実際の体験ではあるが、犯罪組織や、使用したテクノロジーについてははなにもはっきりしない。たんなる推測である。今後の検証をおねがいしたい。

特別委員?

実家も最悪の環境。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

zaix99

Author:zaix99
集団ストーカー 電磁波犯罪 超音波犯罪 被害者のブロク
2009年11月から被害が始まり、2010年2月頃一旦収まったが、2010年11月頃から再び、声、その他、テクノロジー犯罪被害が激しくなった。
金銭・不動産の詐取、生命に危害(自殺の強要、家族への加害を含む)を加えるメッセージが中心。
耳に聞こえる声は5~6人が多く、特定の人物である。常に、話しかけられ、個人情報を収集し、強請り・たかり・詐欺に利用することを仄めかす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。